赤ちゃんの肌に夏も保湿が必要な理由

赤ちゃんの夏保湿

秋や冬は空気も乾燥しているので肌も乾燥しやすい時期です。この頃、赤ちゃんの肌もカサカサになり、保湿を常に心がけてているママも多いはず。乾燥が原因でいろいろな肌トラブルも起こしやすくなってしまいます。保湿は秋と冬だけ必要なわけではありません。実は夏も冷房や扇風機などの風が原因で赤ちゃんの肌は乾燥しているのです。

夏も大切な保湿

赤ちゃんの肌の薄さは大人の約半分と言われています。そのため、肌も傷つきやすく、水分を蓄える力も大人の皮膚と比べて低くなっているのです。保湿をすることはその薄くて弱い赤ちゃんの肌にバリア機能を補ってあげることです。秋や冬の乾燥する時だけでなく、一年を通して保湿をして肌を保護してあげることが大切なのです。

肌のバリア機能が低下すると、肌の表面が乾燥などで傷つき、そこから空気中に浮いている細菌や食べこぼしなどの雑菌が入り、肌荒れや湿疹、かゆみなどの肌トラブルが起きてしまうことがあります。

薄い肌を傷つけないように、保湿をして肌を保護してあげることで、肌トラブルを避けることができるのです。

夏のスキンケア方法

夏は汗をかき、気温も高いので乾燥とは無縁だと思ってしまいがちなのですが、最近は気温が高いせいでクーラーや扇風機を使う機会が多いため、実は肌は乾燥しているのです。肌の表面にクーラーや扇風機の風が直接当たることで肌は乾燥しています。

特に赤ちゃんは汗っかきです。あせもや肌トラブルを避けるために室温を26度から28度くらいにして扇風機を併用しているママも多いと思います。このクーラーや扇風機の風が、赤ちゃんの肌に直接あたると肌を乾燥させてしまうのです。

夏は汗をかくので一日何度もシャワーをアベルことが多いと思います。赤ちゃんの肌の負担にならないよう、石鹸を使うのは一日一回程度に抑え、体をきれいに拭いた後はローションなどで保湿をして肌を保護するのを忘れないようにしましょう。

一年を通して肌を保湿して保護することで、肌トラブルも少なくなり、健やかな肌を保つことができます。だいたい、10歳ごろまでは、肌は大人よりも薄いのでしっかりとしたスキンケア、保湿が必要だと言われています。

また、夏は紫外線も強い時期です。外に出る時は日焼け止めを塗るの忘れないようにしましょう。日焼け止めにはいろいろ種類がありますが、なるべくSPFの低めのもの、肌の負担にならないものがおすすめです。詳しい日焼け止めの選び方はこちらのサイトを参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます。