赤ちゃんの脂漏性湿疹のケア方法

脂漏性湿疹のケア方法

赤ちゃんの肌は産まれてからしばらくの間は皮がむけたり、乾燥しやすくなったりと変化が見られるため心配になることもあるでしょう。皮膚がカサカサしたり顔やおでこ、頭に赤いブツブツのような湿疹が現れることがあります。これを乳児性脂漏性湿疹と言います。よく見られるものなので、あまり心配しぎずに適切にケアをしましょう。

乳児脂漏性湿疹とは?

乳児湿疹と呼ばれるものは赤ちゃんの肌に現れる湿疹のことを指します。カサカサしているのもブツブツができてジュクジュクしているもの乳児湿疹です。

この乳児湿疹の中でも、脂が多く産まれて間もない頃にできる湿疹を乳児脂漏性湿疹と呼びます。主に新生児から3ヶ月くらいの間の皮脂の分泌が多い時に見られる湿疹です。

この乳児脂漏性湿疹には個人差があり、症状がひどい子とそうでない子がいます。ニキビも個人差がありますね。皮脂の分泌量や体質、皮膚の状態によって変わってきます。

時間が経つにつれてだんだんと治ってきますが、お風呂に入っている時は皮脂をきれい洗い流してあげるようにしましょう。

乳児性脂漏性湿疹のケア方法

脂漏性湿疹は肌を清潔に保ってあげることが大切です。症状がひどくない場合は、お風呂に入った時に刺激の少ない石鹸できれいに洗い流してあげましょう。

脂漏性湿疹は黄色いかさぶたのようなものができる場合もあります。このかさぶたが取れてしまうとそこから雑菌が入り症状が悪化してしまいます。かさぶたははがさないようにし、洗う時もできるだけ優しくしましょう。

泡立てネットなどでよく泡を作り、優しく包むように洗います。洗った後はよく流し、体を拭いた後はローションなどでしっかりと保湿をしましょう。ジュクジュクしていると何か保湿剤をつけると悪くなってしまうのではないかと心配してしまいますが、肌の表面のバリアを上げるためにも、刺激の少ないものを選んで肌の表面を保護してあげましょう。

どうしても脂漏性湿疹がひどくなってしまう場合は、一度皮膚科を受診することをおすすめします。抗生物質入りの軟膏を処方してもらえ、すぐに症状が良くなることもありますし、アトピーやアレルギーの可能性もあるかもしれません。

SNSでもご購読できます。