お尻が赤くなってしまったら – おむつかぶれのケア方法

おむつかぶれのケア方法

肌が柔らかくて薄い赤ちゃん。おむつをしていると、おむつが当たる部分が赤くなり炎症を起こすことがあります。お尻やおむつのゴムが当たるところなどに赤く湿疹のようなものができたり、ブツブツのようなものができるのもおむつかぶれです。

おむつかぶれとは皮膚炎のこと

赤ちゃんの肌は薄いので、とても敏感です。おむつがきつかったり、長時間おむつをしていて蒸れることでおむつかぶれを起こすこともありますが、うんちやおしっこの刺激で起きることがほとんどです。

おむつかぶれはおむつ皮膚炎とも呼ばれ、様々な刺激が原因となっています。

赤ちゃんは新生児のところ、排泄回数も多いためおむつの中が不衛生になってしまいます。おしっこやうんちは細菌が含まれ、時間が経つとおむつかぶれの原因になってしまいます。特にうんちは刺激が強いので、そのままにしておくとすぐにおむつかぶれに繋がってしまうので注意しましょう。

また、サイズの合わないおむつも皮膚がこすれて炎症を起こすことがあるので、赤ちゃんの大きさにあったおむつを選ぶようにしましょう。

おむつかぶれのケア方法

気を付けていてもおむつかぶれができてしまった時はどのようにすれば良いでしょうか?大切なのは清潔に保つこと、そして患部をこすらないことです。

お尻が赤くなったりしておむつかぶれを起こしていたら、シャワーなどできれいに洗い流し、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。石鹸を使うのは一日一度で十分です。もしも石鹸を使って赤ちゃんが痛がって泣くようであれば、ぬるま湯でゆすぐだけにしましょう。

清潔にしていればおむつかぶれは良くなりますが、もしも炎症がひどくなっていく場合は早目に皮膚科を受診しましょう。炎症を抑える塗り薬などを処方してもらえますので、自宅でケアをしているよりも治りが早くなります。

SNSでもご購読できます。