赤ちゃんの便秘の対処方法

赤ちゃんの便秘

赤ちゃんが生まれて間もない頃、新生児のうちには一日何度もうんちをします。一日10回ほど、ということもあるくらいです。離乳食が始まると、うんちが出る回数や形、固さなども変わってきます。この頃、赤ちゃんのうんちが出ずに便秘になってしまうこともあります。赤ちゃんの便秘、どう対処するのが良いか見ていきましょう。

赤ちゃんの便秘の原因は

便秘とは便が固くなり、数日間出てこないことです。大人でも赤ちゃんでも同じです。大人でも便秘の時、2,3日何もでこない、ということはあると思います。

赤ちゃんは大人よりも腹筋がないため、いきむことができずに便秘になりやすいと言われています。主に、赤ちゃんが便秘になる原因としては、以下の3つが挙げられます。

離乳食の始まり、食生活の変化

授乳の回数が減り、離乳食が始まると、水分が少なくなるため便秘になりやすくなります。これは大人でも同じですね。食事の量が規則的でない場合も便秘になりやすいと言われています。

運動不足

赤ちゃんはまだ自分で立ったり歩いたり、体を動かすことができません。体をあまり動かさないことで、腸の動きも活発にならずに便秘になりやすくなってしまいます。

心理的なもの、生活習慣

おむつかぶれなどでお尻に痛みを感じる場合、うんちを我慢してしまうことがります。そのことが便秘につながる可能性もあります。

赤ちゃんの便秘の対処方法

赤ちゃんの便秘は、その原因を見ていけば解消につながっていきます。もし離乳食が始まった頃に便秘になっているようであれば、水分の補給を心がけましょう。

運動不足を感じているようであれば、ベビーマッサージをしたり、お腹の辺りをマッサージすることで腸の動きを活発にしていくことができます。

また、赤ちゃんのお尻周辺に痛みなどがないか、赤くかぶれたりしていないかチェックしましょう。

原因を見て対処していけば、大人と同じで赤ちゃんの便秘も解消されていきますよ。

SNSでもご購読できます。