保育園での行事のこと

私が働いてた保育園は、比較的人間関係は良かったのですが、とにかく行事の準備が大変でした。社員が少なかったため、残業できる人数も限られ、とにかく少ない人数でまわさなければならず、行事があるときは持ち帰りは当たり前、終電で変える時もありました。一体どうしてそんなに働かなければならないんだろう?という感じです。

ただやはり達成感はある

今思えば、保育園での行事の準備は本当に大変でした。卒園式に入園式、夏祭りに運動会、クリスマス会など。みんなで力を合わせてやったけれど、とにかく時間がなかった。行事などはもうスケジュールが決まっているので、ずらすことができません。そのため、風邪をひいていても、どんなに体調がわるくても、必ずやり遂げなければならず、相当なプレッシャーはありました。

でも、その行事が大成功に終わると、達成感はすごくありました。保護者や子ども達が喜ぶ姿を見ると、頑張ってよかった・・と本当に思えました。

でも、だんだんと体がもたなくなってきてしまいました。だんだん、風邪をひく回数も多くなり、体の疲れも取れないのを感じるようになりました。このまま私はこうやって一生を過ごすのか‥‥?とぼんやりと考えていたころ、結婚が決まりました。

その時働いていた園では、結婚しても続ける人はいたのですが、私は一度ここで区切ろうと思い、卒園式が終わったら退職することにしました。

やはり、自分の子どもも欲しかったので、残業続きで、体に負担をかけてはいけないと思いました。

残業のない保育所に勤めて自分の時間を大切に

その後、数ヶ月ゆっくりしましたが、保育の仕事に関わりたかったので、なるべく残業のない職場を探しました。私が主に探したのは企業内保育所、院内保育所、そして託児所などです。

家庭もあるので、そんなに長い時間残業をするわけにもいきません。なるべく定時できっかり帰れるところを条件に探しました。

ちょうど、家のちかくの企業内保育所が新しくオープンするということで、そこのオープニングスタッフとして仕事を見つけることができました。今までの経験も生かすことができ、人間関係も1からスタートすることができて、とても快適な毎日を過ごしています。

自分の時間、家族との時間も増えてとても満足しています。お給料の面では少し減ってしまいましたが、その分「自由」があるので、この方が私のライフスタイルには合っているような気がします。

SNSでもご購読できます。