保育士試験の勉強をしていた時のこと

保育士試験を受験したと言っても、「子育てをしながらいったいどのようにして学習したの?」とよく質問されます。どうやってやっていたのか、ちょっとだけお伝えしようと思います。

少し子育てが落ち着いたら

私が保育士試験を考え始めたのは、子どもが幼稚園年中の末頃でした。ウェブに載っている過去問をなんとなく解いてみたところ、「60点いけたかもしれない」「55点、もうすこしだな」というようなところがいくつかありました。しかも合格した科目は3年間も有効です。このやり方だったら尽力すればできるかなと思い、子どもの手が離れるころまでに3~4年かけてクリアすればいいかなと、緩めのスケジュールを立てました。

そしてウェブでたまたま目に入った「ユーキャン」で保育士講座に申込、学習資料フルセット一式を手に入れました。いろいろ忙しく、課題提出などの計画には沿えないと感じていたので、開始時からテキストだけ入試して独学しようと思っていました。

けれども親の出番が多くある幼稚園に子どもが籍を置いていた上に、夜泣きが続き夜も集中することができず、最初の1年は1ページもできませんでした。子どもが小学校に入り、4月は通学路のお迎えとお送りなどでバタバタしてしまい、5月になった頃にやっとテキストを開くことができました。

やる気と根気が大切

8月の保育士試験があるまで「勉強しないでで2科目くらい、もともとお気に入りの分野の科目をバッチリ学習して1科目でも大成功できることなら幸せかな?」という感じの滑り出しでした。
そしてほぼ毎朝、子どもが学校まで行ってから、1時間2時間、じっくりと参考書を読みました。すべての科目が暗記するものではなく、読むだけで頭に入るものも多いです。

参考書を最初から最後までずっと読んでみる。そして10回ほど読んだらテストをやってみる。間違えたところはチェックしてお置いて、また読み、そしてテストをやるということを栗化しました。

アプリも保育関連のものが多くダウンロードしてみました。ちょっと時間が空いたときなどの隙間時間に過去問を解くように努力しました。アプリはとても良くできていて、ちょっとした時間でもどんどん問題を解くことができます。

3年かけても取れない

そんな時、ウェブを見ていたら、ある人のブログを発見したのですが、それがかなり衝撃的。

「3年かけて取ろうと思っていたら取れない」

3年間有効というのは安心してしまうだけなので、とるなら早くとってしまおうという内容のものでした。これは目からうろこで、この時から一発合格にしようと決めました。

SNSでもご購読できます。