保育士が知っておくべき離乳食の始め方

生後5,6か月になると、母乳から離乳食へと移り変わる頃ですね。しかし、スムーズに離乳食を食べてくれる赤ちゃんばかりではありません。母乳やミルクの味鹿白相赤ちゃんは離乳食をあげても嫌がることがあります。どうやって赤ちゃんに離乳食を食べさせよう?と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。赤ちゃんが喜んで離乳食を食べてくれるには、ちょっとしたコツがあります。今回は離乳食を赤ちゃんにあげるときのコツやポイントをご紹介します。

離乳食をあげるときのコツ

赤ちゃんはスプーンを口に持っていっても、口をあけてくれないことがあります。そんな時はスプーンをした唇のところで少し雄と、そのまま口をあけてくれます。この時、赤ちゃんの横に座るのではなく、なるべく赤ちゃんの正面に座ってまっすぐにスプーンを差し出すようにしましょう。

口の中にスプーンが入ると、赤ちゃんは口を閉じないまま舌を動かし始めます。この時に、スプーンは傾けたりせずに、そのまま食べ物が赤ちゃんの口に入るのを待ちましょう。無理に食べ物を口の中に入れると、むせてしまうことがあります。赤ちゃんが自分で口を閉じて唇でスプーンを挟むまでじっと待つようにしましょう。

離乳食をあげるときの注意点

初めての離乳食は対象の変化に気をつけなければいけません。湿疹が出ていないか、下痢をしないか、などを確認しましょう。そして、なるべく午前中に離乳食をあげるようにしましょう。

初めて食べる食材は、まずは1さじから。そして様子を見ながら少しずつ量を増やしていきましょう。山盛り食べさせてしまわないよう、少しずつ上げる、が基本です。

初めから離乳食を上手に食べてくれるということはほとんどありません。回数を重ね、繰り返していくうちにだんだんと喜んで食べるようになってくれます。

保育所では保育士1人で3人の赤ちゃんをお世話することになりますので、慌ててしまうこともあるでしょう。でも、離乳食をあげるときのコツや注意点を知っておくことで、落ち着いて対応することができると思います。ぜひ参考にしてくださいね。

SNSでもご購読できます。